ハーフ系カラコンを探している人にもおすすめのヘーゼル色!

ハーフ系カラコンと呼ばれるカラコンがあります。
ハーフ系メイクの時などに使うハーフの人っぽい目にしたいときに使うカラコンです。
ハーフカラコンの定番カラーといえばグレーとヘーゼルです。
ここでは特にヘーゼルカラコンについて書きます。

ヘーゼルというのはイエローとかベージュのような色です。
ハーフ系でおすすめなのはローラプロデュースのリルムーンですね。
リルムーンのクリームベージュとスキンベージュがヘーゼル系の色です。
リルムーンのハーフ系カラコンにはグレーもあって、クリームグレージュ、スキングレージュという名前です。

今紹介したリルムーンの4種類のカラコンもそうなのですが、ハーフ系カラコンにおすすめなのは3トーンのグラデーションになっているカラコンがおすすめです。
リルムーンのワンデーの場合「チョコレート」というカラーが1トーン、「ヌードチョコレート」というカラーが2トーンです。
3トーンのグラデーションになっているカラコンを付けると、瞳にひまわりが咲いているように見えるのですがこれがより一層ハーフっぽさを出してくれます。

ヘーゼルカラコンはハーフ系だけでなくナチュラルなものもあります。
吉川ひなのデザインプロデュースのプティアというカラコンがあるのですが、その中のエルムヘーゼルというのがとても自然です。
着色部分の内周面も外周面もドット柄で、離れたところから見るとぼやけたように見える感じに着色されているので、カラコンだと気づかれにくいです。
カラコンだとばれずにさりげなく瞳を大きく見たいときにおすすめです。

ハーフ系、ナチュラル、ときて最後は高発色のヘーゼルカラコンについてです。
倖田來未デザインプロデュースのラヴェールというカラコンがあります。
その中のシルキーベージュというカラコンが派手目の高発色ヘーゼル系です。
フチもくっきりとしているので目ヂカラがアップしますし、華やかなメイクとの相性がいいです。
そしてシルキーベージュよりももう少しナチュラルなシアーヘーゼルという種類もあります。

ヘーゼルカラコンは種類も多く、今回紹介したように選ぶカラコンによってさまざまな使い分けができます。
今までヘーゼル系のカラコンを使ったことが無い人も、この機会に使ってみてはどうでしょうか。

<参考サイト>